知識、仕様

☆彡☆彡☆彡知識、仕様 ☆彡☆彡☆彡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先見え、後見えの法則
 
 FPSには先見え、後見えの概念があります。相手が自分を見つける前に相手を見つけ相手より速く撃つために先見え後見えの法則を最低限理解しておかなければなりません。
先見え後見え理論
 

 上の図を見てください。のプレイヤーがいます。
 2人を隔てる長方形を交戦壁とします。は壁から近いです。は壁から遠いです。
 この場合が先に相手を見ることができます。

 FPSはキャラクターの目が視点の画面です。顔よりも体のほうが幅が広いため目よりも先に体が壁から出ます。

  交戦壁から飛び出す肩が先に出る(まだ見えない)

 →続いて顔も出る(見える)


 この法則はリアルの体と似ているのでイメージしてもらえると分かりやすいと思います。

 
 SBNbank 先見え

 たとえば守りでストブリの銀行、守り側は銀行のタンス裏から通路を見れば銀行を取りに来る相手に対して先見えで倒せます。




SBNカフェ1階 先見え

 守りで、カフェ1階から廃車において待てば廃車が交戦壁となり先見えで撃ちあえます。



 先見え後見えの法則を覚えると有利に戦える場面を増やせます。覚えておきましょう。


 以上Laureがお送りしました。
 
[【FPS】交戦壁について(先見え、後見えの法則)]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。