気になること

☆彡☆彡☆彡気になること ☆彡☆彡☆彡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マウス感度(センシ)について

 高いマウス感度をハイセンシ、低いマウス感度をローセンシと言います。AVAに限らずFPSをプレイしている人であれば誰もが1度はセンシについて考えたことはあると思います。ハイセンシ、ローセンシどっちのほうがいいのか。

センシを他人と比べる方法
 
 たとえばAVAのマウス感度がどちらも5だったとしても、マウスの設定(DPIなど)の違いで別の感度という事があります。だからセンシを比べる時は振り向き何cmか比べます。

振り向きの計り方-ゲーム内でキャラクターが後ろを向くのに(180度回る)マウスを何cm動かすか計ります。たとえばマウスを動かした長さが3cmなら振り向き3cmです。


センシの基準

0~5cm(ウルトラハイセンシ)

5~10cm(スーパーハイセンシ)

10cm~15cm(ハイセンシ)

15cm~20cm(ミドルセンシ)

20cm~25cm(ローセンシ)

25cm~30cm(スーパーローセンシ)

30cm~(ウルトラローセンシ)


ハイセンシ、ローセンシのメリットデメリットなの☆彡

ハイセンシのメリット


・速くマウスを振れる
・腕が疲れにくい
・狭いマウスパッドで足りるので経済的
・フラッシュバンが飛んできたら素早く後ろを向くことができる
・ネカマがばれにくい

ハイセンシのデメリット


・少しマウスを振っただけでレティクルがズレてしまうなど、細かいAIMが難しい
・その日の調子でAIMが変わりやすく安定しない

ローセンシのメリット


・細かいAIMがしやすい
・少しマウスを振ったくらいではAIMが大きくずれないのでヘッドラインをキープしやすい
・その日の調子に左右されにくい

ローセンシのデメリット


・腕が疲れる
・向いている所以外から急に撃たれたら対処しにくい
・マウスをたくさん振るので机の幅が広くないといけない。
・大きいマウスパッドを買わなくてはいけないからハイセンシの人よりもお金がかかる
・ネカマがバレやすい

ハイセンシとローセンシってどっちがいいの☆彡

 どっちがいいか考えると正確な答えはありません。言ってしまえば個人差がありますから。
 上に書いたメリットとデメリットも、慣れてしまえば気にならなくなります。
 
 AVAはヘルメットの防御力が高く、ヘッドショットしても1発では敵は落ちず。ヘッドダメージが高いバトルライフル以外は当て続けるAIM、追いAIMが重要になってきます。という理由により細かいAIMがしやすいローセンシのプレイヤーがAVAでは多いです。
 じゃあローセンシ1択かと言うと、そういうわけではありません。ハイセンシには振り向きの速さがあります。基本的に後ろから撃たれたら倒されますが、もしも相手がHSをはずしたり、相手が案定銃だった場合振り向いて反撃すればもしかしたら返り討ちにできるかもしれません。また、複数の敵が近くにいる時にハイセンシであれば速く振り向いて対応できます。細かい追いAIMもやりにくいだけで出来ないわけではありません。

 重要なのはマウスの感度ではなく、その感度のメリットを上手く使ってプレイすることだと思います。
 ある程度腕が苦しくならない感度に決めて、その感度でプレイしながら調整して自分に合った感度を見つけましょう。

 私の振り向き
 
 私は振り向き2cmのウルトラハイセンシです。正直みんなこれくらいの感度だと思っていました(笑)
 オフ会したフレンドの振り向きを聞いてみたら40cmとか高くても15cmくらいで、皆ミドルセンシ~ウルトラハイセンシくらいでビックリしちゃいました。
 私が2cmというのも驚かれました。

 
 以上Laureがお送りしました。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。