* RSS *
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サボっててゴメンなさいなの☆彡
スポンサーサイト
本日は5月20日ですね!先ほど中国人の友人からLINEで「520快樂」と送られて来ました。

520ってなあに?っと思って聞いてみました。


520は我愛你

ピンイン表記すると

「我」wo 「愛」ai  「你」ni

愛してるという意味です。

「5」wu 「2」er 「0」ling

発音が似ているという理由で、520で我愛你とネット上で表記するのが流行ったそうです。



5月20日は「愛してる」の日


5月20日が告白をする日で、21日が返事をもらう日らしいですよ!!

皆さん好きな人に告白しましょう!

あなたの好きな人が今頃、誰かに告白してるかもしれませんねWWWWWWWWWWWWWWWW

急がないとwwwwwwwwwwwwww



Google先生は何でも知っている

 ん?今なんでもって。そう!グーグル先生は何でも知っています。カレーライスのレシピから歴史、パソコンに関する知識など、この世のほとんどの分野について知っています。さすがにマニアックすぎる内容は専門書など書物を読まなければなりませんが、もしAVAの護衛をある程度上手くなりたいならグーグル先生に聞けば解決します。

 脱初心者の基準は人それぞれですが、私個人の考えでは、キャタピラ貫通の仕組みが分かり、リスポーン時間の仕組みが分かり、戦車とRPGのことを考えて動くことが出来れば脱初心者です。


グーグル先生に何て質問したらいいの?

 グーグル先生は何でも知っていますが、ただ「AVA 護衛」って検索するよりも「AVA 護衛 RPG」、「AVA 護衛 偵察時間」などと、知りたいことにキーワードを絞って検索したほうが速く目的の内容を調べられます。

 そんなの当たり前だと思います!わざわざこんな事言うために記事書いたんですか?

 やってる人にとっては当たり前なんですけど、調べもせずに「上手くなりたい」「どうすれば護衛上手くなれるの」と言っている人を多く見てきたのでそういう人たちにグーグル先生に頼ることの大切さを伝えたかったです。普段調べない人がこの記事見るのかな?

 
主なキーワード
ゲームのセキュリティー無効化で初の摘発

インターネットのオンラインゲームの不正行為を防ぐためのセキュリティーを無効にするプログラムを売りさばいたとして、兵庫県の30歳の男が不正競争防止法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。オンラインゲームのセキュリティーを無効化したとして摘発されるのは全国で初めてです。
逮捕されたのは兵庫県姫路市の無職、山本昭秀容疑者(30)です。
警視庁の調べによりますと、山本容疑者は東京・渋谷区のオンラインゲーム運営会社「ゲームオン」が導入している、不正行為を防ぐためのセキュリティーソフトを無効化するプログラムを40代の男性に売ったとして、不正競争防止法違反の疑いが持たれています。
警視庁によりますと、山本容疑者は自分が開設したホームページで客を集め、入会金1万7000円と月額3000円を受け取ってプログラムをダウンロードさせていたということです。調べに対し容疑を認めていて、警視庁は2000万円ほどの不正な利益を得ていたとみています。
オンラインゲームを巡っては、有利に操作するアイテムを無料で入手できるようにする「チートツール」と呼ばれる不正プログラムが後を絶たず、運営会社はセキュリティー対策を迫られていますが、セキュリティーを無効化したとして摘発されるのは全国で初めてです。

   引用元 ( http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150513/k10010077801000.html

チートツールの使用は犯罪です

 チートツールとは壁の向こうの相手が見えたり、アイテムを不正に取得したり、移動速度速度がゲーム内の制限を越えて速くなったりと、正規のプレイでは本来できないことを不正にできるようにするツールです。
 チートツールの使用は、ゲームのアカウントの停止や、チートツールの使用を行った環境(パソコン)からのログインが出来なくなるだけではなく法律でも罰せられる可能性があります。

以下の法で罰せられることがあります。 

・電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法第234条の2)
 ⇒5年以下の懲役または100万円以下の罰金

・不正指令電磁的記録作成罪(刑法第168条の2)
 ⇒3年以下の懲役または50万円以下の罰金

・著作権法違反
 ⇒10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、またはこの両方

・不正競争防止法違反
 ⇒5年以下の懲役または500万円以下(法人については3億円以下)の罰金、またはこの両方


不正競争防止法違反とは

不正競争防止法違反とは、不正競争防止法第2条第1項所定の不正競争行為に該当する行為であり、知的財産権の観点からは、具体的には、商品や営業主体の混同行為、他人の著名表示の不正使用行為、他人の商品の形態を模倣したデッドコピー等がこれにあたります。

なお、その他、営業秘密の不正利用行為、技術的制限手段を迂回する装置の提供行為、他人の商品等表示と類似するドメイン名を図利加害目的で不正に取得する行為、原産地や品質などの誤認行為、信用毀損行為、およびパリ条約同盟国の商標に関する権利者の日本国内における代理人等がその商標を無断で使用する行為も不正競争防止法に違反する行為です。

   引用元(http://www.meti.go.jp/policy/ipr/infringe/about/unfair.html

犯罪だと知っても使う愚かなチーターたち

 昨年、サドンアタックでチートツールを使用した少年たち3名が電子計算機損壊等業務妨害容疑によって書類送検されました。海外では今までに何度かチートツール使用者が法的に裁かれることはあったのですが日本ではこれが多分始めてだったと思います。彼らが書類送検されるまでは、日本ではチート使用=犯罪という意識が薄く「ゲームだからOK」といった勘違いしている人が大変多かったです。AVAではチートに対する対策はしっかり行われています。使用したパソコン、アカウントからの接続をできなくするという方法でチーターは他のゲームに比べて少ないです。ただし誤BANも多い(笑)それでもチートツールを購入する人はかなりの数いました。チートツール使用が犯罪であることを知った上で使っているので犯罪に対する意識が本当に低いと思い悲しいです。

 今回のHAXX販売者逮捕で、チートツールを使用する人は減るとは思いますが、これからも使用する人がいなくなることは無いでしょう。犯罪と分かっていても使用する人もいれば、人生に疲れ悪いことをして捕まろうと思って使用する人も出てくるでしょう。。。

 チート販売者の手口の例は、チート宣伝配信をする→期間限定で無料で配布→無料使用した人がフレンドなどに勧めて販売者から報酬を貰う→チーターが増える。

 チート販売者たちがターゲットとしやすいのは、たぶん学生でしょう。ある程度の常識をもった大人よりもまだ子供である学生のほうがチートに手を出しやすいです。販売者は常識のない大人ですが笑

 中学生、高校生くらいのオンラインゲーム初心者の人はまだチートという概念すら知らない人も少しはいて、悪いことだと分かっていても興味本位で手を出してしまう人も多いです。

 チート使用者を減らすためには、法律で裁くだけではなくチートが犯罪であるという事をゲームをしている人だけではなく、これからゲームを始めるかもしれない一般の人たちも理解しておく必要があると思います。万引きが犯罪のように、オレオレ詐欺が犯罪のようにチートも犯罪だという意識を人々が持つべきです

知らなかったは言い訳にはならない。

 これはチートだけではなく他の行為に対しても言えますが「知らなかった」というのは一切の言い訳になりません。ゲームの会員登録する時に利用規約でチートは禁止であるということは書いてあるはずです。
 規約をよく読んでよいゲームライフを!!








 
AVAのオーバーキルって何

 一般的にFPSではキルした相手を撃ち続ける死体撃ちをオーバーキルと呼びます。AVAではラウンド終了後に相手をキルする事をオーバーキルと呼びます。
 この行為をJAPANAVAのユーザーは嫌います。この行為がマナーの悪い行為だと主張するユーザーが8割以上います。海外では当たり前のように行われている行為、日本では何故嫌われている行為なのでしょうか?

 新規ユーザーのほとんどはラウンド終了後に何も知らずにキルをしてフレンドや相手に注意されて「これはAVAではやってはいけないキルなのか」と認識すると思います。
 どうしてラウンド終了後のキルはマナーが悪いのか聞かれて正確に答えることができるユーザーは殆どいないでしょう。というよりも、正解がありませんしねw

 
暗黙のルール?

 日本AVAには規約上まったく問題が無いけどやってはいけない暗黙のルールと呼ばれる、頭の悪いユーザーが主張しているルールがあります。
  • 「AIM」と書かれた殲滅部屋でUAV、スナイパーを使うな
  • ラウンド終了後にキルはするな
  • 強すぎる武器は使わないでよお願いなんでもするから


 いくつか例を挙げてみました。たとえば、大会や、イベントなどでルールとして行動に制限をつけられた場合であれば従うべきです。しかし普段のプレイにおいては何も問題ありません。ノープロブレムです。

 たとえばラウンド終了後のキル、やる側はキルが増え、される側はデスが増えますよね。ゲームの楽しみ方は人それぞれであり、キル数が増えることに楽しみを感じるユーザーもいます。FPSというゲームは相手を倒すゲームです。相手を見つけたらキルするのは全然不思議な事ではありません。それをどうしてマナー違反行為だと主張するのでしょうか?デスが増えるから?だったら倒されないように撃ち返すなり、隠れるなりすればいいです。なんとなく不快だから?あなたの何となくという考えを人に押し付けちゃいけませんよ。

 つまりラウンド終了後のキルはやりたい人は自由にやってもいいです。

 実際に海外の選手は国際大会でもやっています。海外ではこの行為はマナー違反だとは考えられていません。当たり前ですけどw14分代を見れば分かります。



暗黙ルールを主張してる人をBANさせよう^^

 AVAにはローカル違反という規約があり、ローカルルールを認められた部屋以外でのプレイや、普通のルームで他のプレイヤーに行動を制限する発言をすればローカル違反となり処罰の対象となります。警告かBANです。

 まず殲滅ちゃんねるへ行きます。

 「AIM」と書かれている部屋へ行きます。ここで注意したいのは「AIMグレなし」など行動に制限のある部屋名はプレイ自体がアウトなのでプレイしてはなりません。

 AIM部屋に入ったらUAVを拾います。UAVを手に入れれなかったら諦めましょう。

 UAVをとりまくります。無言で投票キックされたら諦めましょう。

 もしゲーム内チャットで「UAVとるな」「UAV禁止だよ」など行動を制限させる発言をされた場合はTABを押してチャンネルが分かる状態にしてSSを撮りましょう。これだけでローカル違反になるので警告や処罰の対象となります。

 もしも「ふざけんな」「氏ね」などの暴言を吐かれた場合もスクショ、これで暴言で相手に警告が行きます。

 ラウンド終了時のキルなども文句言われたらSSとって通報しましょう。

 賢い人は無言で投票だけかけます。それ以外はカモです。


 
まとめ

 AVAにはたくさんのプレイヤーがいるので考え方は色々あると思います。暗黙のルールを主張するのも愚かだと思いますが悪いとは思いません。ただし、ゲーム中にゲーム内チャットで強制したり、文句を言えばローカル違反や暴言で処罰の対象となります。運営が決めたルールと暗黙のルールどちらが大切か考えてください。「この人いやだなあ」と思ったら無言でルームから退場させたり投票をかけたりすればいいんです。わざわざチャットで文句を言って自分を追い込む必要はないんです。

 どうしても文句を言いたい人は、ゲーム内チャットではなくTwitterや2ちゃんねるで文句を言えばいいじゃないですか。自分の意見に賛同してくれるユーザーと「うわーひどいねつらかったね」「うんつらかった」と慰め合っていればいいです。ゲーム内チャットで文句を言うのだけは我慢しましょう。

 
 以上Laureがお送りしました。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。